2010年09月10日

万華譜(まんげふ)

mangefu.jpg

クリックすると楽譜が大きく表示されます。

 図形楽譜が続き、五線紙に記した音楽は二の次?と思われるかも知れませんが、そうではありません。共通するコンセプトなので、まとめただけです。

 この楽譜は、四角い紙1枚に書かれています。縦・横に線が等間隔に記されているのは、音程や時間を表しています。そのなかに音を生み出す印が付けられています。

 1枚の楽譜を、縦・横に、逆さまな縦・横にと、4通りの方法を任意の組み合わせで繰り返し演奏できるようになっています。

 音の高さを、下から順に付けていくと、五線紙のドミソのような空間になると思われますが、ドよりソの方を低く設定すると、なかの音の位置を、どこから見るかによって替わってきます。

 また、時間も均等な指定でなく、早く・遅く・中間の早さなどに設定すると、音の長さが(見た目の図形から)替わってきます。

 それらを絶えず変化(演奏者が指定)させて、4通り(上下左右)の見方から、音とふれて行きます。

 これらのコンセプトは、”柔構造”による音楽的な”対話”への「ワク」の提供だということです。デタラメではありません。演奏者の即興に委ねただけではありません。相手が語る音を聴き、自分がふれ合う音たちと、同時に『対話』していくことに意味があるのです。それは逆に、このような楽譜でないと、生まれない世界でもあります。

 この曲は元来、邦楽器と打楽器のような、二種類の楽器によって演奏されます。楽器を替えて演奏することも可能です。

 万華鏡を覗くように、千変万化の音たちとふれ合える譜、という意味があります。

 現在この種の作曲はしていませんが”音楽づくり”のワークショップなどで使っています。そう仕掛けが分かると、子どもを含めた参加者が、それぞれの”万華譜“を記し、演奏可能だからです。
posted by 坪能克裕 at 00:00| 作曲